HOME>特集>植物を用いた空間演出などのプロデュースを手掛けるそら植物園とは

西畠氏とはどんな人物か

テレビ番組などのメディアに登場したことで有名となった西畠清順氏。西畠清順氏は兵庫県川西市出身で、1980年生まれの日本の経営者です。自らをプラントハンターと名乗り、食料や香料や薬などに利用される有用植物や観賞用植物の新種を求めて、世界各地を旅した人物です。そのため、園芸植物の販売などを手掛けるそら植物園株式会社を経営しています。そら植物園の本社は兵庫県ですが、大阪にも事業所などがあります。

そら植物園株式会社とは

西畠清順氏が経営するそら植物園株式会社は、東京都と大阪府に事務所を構えています。事業内容として、造園業や植物の生産などを行っていますが、植物を用いた空間演出などのプロデュース業も手掛けています。これが多くの人から注目される効果を生んでいます。

設立は2015年です

大阪などに事務所を構える西畠清順氏のそら植物園株式会社では、海外から植物を輸出入し、それらを植物園や企業や政府機関などに届けています。そら植物園株式会社の設立は2015年であり、それ以降様々な事業を手掛けています。

都会の緑化事業に影響を与えた

西畠清順氏は「ひとの心に植物を植える」というコンセプトのもと、世界各国の植物が一つの森を形成するという代々木ビレッジの庭を手掛けました。この活動が、東京や大阪などといった都会の緑化事業に拍車をかけるきっかけになりました。

広告募集中