迷った時にも安心

香典返し

故人が亡くなった時には、誰もがショックで何も考えたくないような状態にはなりますが、それでも葬儀を行って故人を供養しなければなりません。お世話になった多くの人に来てもらうことになり、その準備は決めることがたくさんあります。香典返しも来てくれた人への感謝の気持ちを込めて選ばなければならないのですが、品物を何にするのかという選択肢があります。一般的には、お茶や海苔、菓子類などに人気があるのですが、カタログギフトも近年とても人気があります。結婚披露宴の引き出物として多く利用されていますが、香典返し用としても用意されています。お祝い用となると表紙も華やかですが、香典返し用は紫など落ち着いた色味で格式高く、もらった人にも喜んでもらうことができます。

初めてでも利用しやすい仕組み

香典返し

カタログギフトは、結婚披露宴の引き出物としてもらったことがあるという人も多いため、利用方法は広く知られています。しかし、初めてもらったという人でも簡単に利用ができる仕組みとなっているので、香典返しで渡しても相手に迷惑をかけることはありません。利用方法は、欲しいものをカタログから一つ選んで申し込むことになるのですが、ネット申し込みができるものもあるため申し込みも手軽です。高齢の人であれば、添付されているはがきに記入して出すだけなので、面倒なことはありません。はがきには切手を貼る必要がないので、記入してポストに投函してもらうだけとなります。商品は後日宅配便で届くことになるのですが、お届け日時の指定もできます。

幅広い商品ラインナップがある

香典返し

香典返し用のカタログギフトには、幅広い商品ラインナップがあります。香典返しは、一般的に残らないものが良いとされており、食べ物や消耗品が向いているのですが、カタログギフトには普段使えるようなアイテムも掲載されています。たくさんの商品から選ぶことができるとなっていますが、渡した相手には欲しいものが何もないというトラブルの心配もあるでしょう。けれども、食品や飲み物などの種類も多くあるので、普段用に飲食するためにも役立ててもらうことができます。いただいた香典の金額に合わせてカタログの種類が用意できるのですが、高額な香典をいただいた時には高額な商品が揃っているカタログギフトを用意するという方法の他にも、一冊のカタログから複数の商品を選ぶことができるというシステムで利用する方法もあります。会葬御礼では全員に同じものを配ることになりますが、香典返しではいただいた金額に合わせる必要があります。カタログギフトは、金額に合わせて用意することができるため、相手にも失礼な思いをさせることがありません。

広告募集中